ZA

動きやすさと快適なフィット感、広々した腰周りスペースを実現した次世代ハーネス

ハーネスZA

製品特徴

フルハーネスは なぜ必要?

フルハーネスは なぜ必要?

これまで高さ2m以上の作業には「胴ベルト型」が着用されていましたが、万一の場合、体が「くの字」になり腹部を圧迫する、「逆さま姿勢」となる危険などありました。そこでこれを改め、「フルハーネス型」を義務化しようという動きが加速しています。

フルハーネスは より安全性が高い

フルハーネスは より安全性が高い

フルハーネス型は、肩や腿、胸など複数のベルトにより、身体がフルハーネスから抜け出すことや、局部を圧迫するリスク、宙つり状態でも逆さまになることを防止するなど、事故災害を低減し、より安全性を高める器具です。ランヤードは墜落制止時に発生する衝撃を吸収するショックアブソーバ付が推奨されています。

SEG アクティブスペース

SEG アクティブスペース

SEGシステムを採用した独自の装着方法で腰周りが広く使える

ZA 軽量アルミバックル

ZA 軽量アルミバックル

着脱が容易な軽量アルミ製 ●腿バックル:ワンタッチ式

骨盤ベルト

骨盤ベルト

落下時の姿勢を安定させる専用ベルトを採用。長さ調整可能で体型を選ばない。

アクティブY型

アクティブY型

肩に食い込まない46mm幅広ベルト。ハーネスを胴当てベルトに直接取り付けるから装着スペースを奪わない。ハーネス用フックハンガー付き。

AR環

AR環

腰回りから安全ロープ取付け部を独立させることで安全ロープが絡まりにくい。