1. トップページ
  2. 墜落制止用器具・安全帯

墜落制止用器具・安全帯

作業床の高さで墜落制止用器具の種類が変わります

墜落制止用器具はフルハーネス型が原則 ですが、作業床の高さが6.75m以下、2m以上で地面に激突するおそれがある場合は、胴ベルト型墜落制止用器具の使用が認められています。 建設業の場合、5m以上はフルハーネス型が推奨となります。

※胴ベルト型には、胴ベルト型ランヤードをご使用ください。 墜落制止用器具規格改正について