MDシリーズ

ANSI FL1 基準ランタイムを採用した幅広いユーザーに対応する小型軽量の電源一体型のベーシックヘッドライトシリーズ。

シリーズ特徴

ANSI FL1基準 BASICモデル

連続使用すると、電池電圧に合わせて明るさが徐々に落ちていく照射設定です。幅広い用途にお使いいただけます。米国ANSI FL1-2009規格に準拠した測定方法により、「初期の明るさが10%を切るまでの時間」で表記しています。

タジマ独自の照射基準を設定

タジマは人の視野特性に基づき、照射範囲を下記の3段階に分類し、ライトの中心光と周辺光の照射範囲を表しています。

フリッカー対策

電気用品安全法ではLED照明器具の技術基準の一つとして、周波数が500Hz以上を「光のチラつきを感じないもの」と基準を設けています。電池式のLEDライトは電安法の対象外ですが、タジマは光の品質確保の基準として積極的に準用。 タジマは、さらに厳しい2倍の周波数の1000Hz以上を「チラつかない光」の基準として採用しています。タジマのすべてのLEDヘッドライト、すべてのモードはこの基準をクリアした「チラつきを感じることのない」照射光です。

悪天候や不意な衝撃にも耐える

BASICモデルは防水 IPX4、耐落下2m ※IPX6(耐水型):あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がないレベル ※LE-F305D・LE-F205D・LE-M155D・LE-M075DはIPX6となります

ロックアウト機構

液漏れと誤作動を防ぐロックアウト機構を搭載。電池との直接接点を外し電流を遮断。