• 建築向けレーザー基準出し器 タジマ ローテーティングレーザー315H 発売のお知らせ
  • ※ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。検索日と情報が異なる可能性がございますので、 あらかじめご了承ください。
    ニュースリリース日 : 2019年12月24日
    株式会社TJMデザイン

    ローテーティングレーザーを建築向け基準出し器として提案
    機能の集中と選択でプライスダウン

    株式会社TJMデザイン(本社・東京都板橋区、社長・田島庸助)は、屋内、屋外兼用の建築向けレーザー基準出し器「タジマ ローテーティングレーザー315H」(商品名)を2020年1月7日から全国の金物店、ホームセンターで順次発売します。

    タジマローテーティングレーザー315H

    本製品のメーカー希望小売価格は、デジタル受光器付159,600円(+消費税)、スタンダード受光器付137,800円(+消費税)です。
    本製品は、本来測量用であるローテーティングレーザーの機能の中から建築向けに必要かつ十分な機能を選択して搭載することで測量用より価格を約2分の1※にした点が特長です。(これまで建築技術者は基礎から棟上げまでの間、ローテーティングレーザーをレンタルするなどして使用することがしばしばですが、基準出し器は自前で保有したいというニーズが強くありました)
    ※標準的なローテーティングレーザーとの小売価格比較 

    タジマローテーティングレーザー315H

    本製品の基本的な機能は、屋内外の水平レーザーラインを360度照射し、このラインを受光器でキャッチして精度の高い基準出しを行います。可視赤色レーザー光を光源に採用しているため視認性を向上しました。
    建築向け機器としての配慮機能として、戸建ての現場ではすぐヨコに一般の人が通行する場合もあり、本製品は万が一目に光が入っても安心なレーザー安全クラス1を採用しました。また、建築工事は天候のいかんに関わらず行われることがあることから、本製品は防塵性能6等級(耐じん形:粉塵が内部に侵入しない)、防水性能6等級(耐水形:いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響をうけない)テストをクリア。厳しい環境下でも安心して使用できます。

       
    本 体 TRL-315H
    出射光光源 可視半導体レーザー※
    ビーム回転数 600rpm
    レーザー安全クラス クラス1
    水平精度 ±15″(±2.2mm/30m)
    測定範囲 直径 約2m~600m(TRL-DRCV 使用時)
    直径 約2m~500m(TRL-RCV 使用時)
    自動整準範囲 ±5°
    自動整準範囲外警告 本体 LED で警告
    防塵・防水性能 保護等級 IP66(耐じん形・耐水形)
    使用温度範囲 -5℃~+45℃
    電源 単2形アルカリ乾電池4本
    使用時間 約40時間
    外形寸法(タテ×ヨコ×タカサ) 180 × 198 × 200mm
    重量 約1,800g(電池含む)
    付属受光器 デジタル受光器 TRL-DRCV スタンダード受光器 TRL-RCV
    表示切替 4 段階(1mm/2mm/5mm/10mm) 2 段階(高/低)
    防塵・防水性能 IP54 IP54
    使用温度範囲 -5℃~+45℃ -5℃~+45℃
    電源 単3形アルカリ乾電池2本 単3形アルカリ乾電池2本
    使用時間 約24時間 約24時間
    外形寸法(タテ×ヨコ×アツサ) 161 × 72 × 31mm 157 × 70× 26mm
    重量 約345g(電池含む) 約265g(電池含む)

    機能

  • ■ 戸建て基礎など小規模現場でも安全に使えるレーザークラス1
  • ■ 防塵・防水性能 本体IP66、受光器IP54
  • ■ 自動整準±5゜の完全自動レベル
  • ■ 最大直径600m までレベル出し可能(TRL-DRCV 使用時)
  • ■ 三脚に取付けやすいデュアルハンドル採用
  • ■ 機器が動いたら回転が止まる警告(ALERT)モード付
  • 製品動画


    製品に関してのお問い合わせはこちら
    メールフォーム
    製品に関してのご使用方法・修理関連のお問い合せ窓口となります。
    在庫・納期に関してはご注文先へお問い合わせください。