Dシリーズ

ハイパワーヘッドライト

LEDヘッドライトF421D

製品特徴

ANSI FL1基準 BASICモデル

ANSI FL1基準 BASICモデル

連続使用すると、電池電圧に合わせて明るさが徐々に落ちていく照射設定です。幅広い用途にお使いいただけます。米国ANSI FL1-2009規格に準拠した測定方法により、「初期の明るさが10%を切るまでの時間」で表記しています。

タジマ独自の照射基準

タジマ独自の照射基準

タジマは人の視野特性に基づき、照射範囲を下記の3段階に分類し、ライトの中心光と周辺光の照射範囲を表しています。

大径照射

大径照射

手元や足元を昼間のように広く均一に照らす<90°超広角>の独自の光学設計をしました。大径照射により首の動きを少なく、疲れを軽減。さらに光の中心部が明るすぎてまぶしい問題も解消、目の疲れも軽減します。 ※距離50cmでの照射イメージ

フリッカー対策

フリッカー対策

電気用品安全法ではLED照明器具の技術基準の一つとして、周波数が500Hz以上を「光のチラつきを感じないもの」と基準を設けています。電池式のLEDライトは電安法の対象外ですが、タジマは光の品質確保の基準として積極的に準用。 タジマは、さらに厳しい2倍の周波数の1000Hz以上を「チラつかない光」の基準として採用しています。タジマのすべてのLEDライト、すべてのモードはこの基準をクリアした「チラつきを感じることのない」照射光です

悪天候や不意な衝撃にも耐える

悪天候や不意な衝撃にも耐える

BASICモデルは防水 IPX4、耐落下2m